豊胸手術の費用とリスク、サプリメントのすすめ

豊胸手術は副作用と費用を把握しておく

 

バストアップの為に豊胸手術をする行為は、あらゆるリスクと副作用を念頭に置かなければなりません。豊胸手術の敷居が下がり誰でも手軽に行えるようになりましたが、そのリスクについてはあまり知られていないのが現状です。

一般的な豊胸手術でシリコンバッグ等の異物を胸に入れて膨らませる方法では、術後の痛みが長引き、形が不自然に見えたり、シリコンバッグの劣化や破損、術後の乳がん検診で利用するマンモグラフィが使えなくなる等のリスクが挙げられます。

人によっては体質と合わず、挿入したシリコンバッグの周囲に発達した細胞に締め付けられて痛みが生じたり、胸の変形がおきてバッグを取り出さなければいけないこともあり、費用がかさむことになります。シリコンバッグよりも手軽にできる脂肪注入では、自分の脂肪を使うので安心感が伴い、痛みも少ないのが特徴です。

脂肪注入で注意したいのは、痩せ型の人では胸に注入する脂肪が足りず希望する胸の大きさにならない場合があります。また、例え自分の脂肪でも血管とうまくつながらなければ異物となり、しこりができることもあります。費用面では数十万という高い値段を払った割には希望通りの形や大きさにならないことがあります。

その他、プチ豊胸と言われるヒアルロン酸注入やジェル注入での豊胸手術は、少額で1カップほどバストアップができるのがメリットです。低額で痛みも少なく、手術をしたことが他人にバレにくいのが特徴ですが、脂肪注入同様、しこりができたり、ばい菌が入ったり、アレルギー反応を起こすケースがあります。

どんな豊胸手術でもその効果とは裏腹に、必ずリスクが潜んでいるということを忘れずに行動しましょう。

豊胸手術の気になる費用面のまとめ

  • シリコンバッグの挿入手術:50万〜200万前後(手術方法、他の手術との組み合わせ、シリコン素材による)
  • 脂肪注入手術:50万~150万(手術方法、脂肪注入個所、入院の有無による)
  • ヒアルロン酸注入手術:8万~10万
  • ジェル中入手術:8万~10万

安全、安心なおっぱい大きくするサプリのすすめ

 

バストアップする方法は豊胸手術だけではありません。おっぱい大きくするサプリなら手術と異なり副作用に関して神経質になる必要がなく、安心して服用することができます。その反面、サプリは種類が豊富なので、悪質なサプリメントを購入してしまうと効果が表れなかったりするので注意しましょう。

バストアップに効果があるサプリの成分はイソフラボンやプエラリア、プラセンタや、ボロンなどですが、特にプエラリアミルフィカという成分は女性ホルモンを活性化させる作用が強いのでバストアップに高い効果が得られると評判です。

サプリメントでのバストアップは毎日継続して飲み続けることが大切で、他のバストアップアップエクササイズやマッサージなどを組み合わせて行うと、高いバストアップ効果が得やすいです。通信販売でサプリメントを買う場合、定期購入制度で毎月送料無料で自動に送り届けてくれ制度があるので、そういった仕組みを利用するのがおススメです。

サプリメントを服用する時に心がけたいこと

せっかくおっぱい大きくするサプリを購入したら、服用方法に注意しましょう。サプリを買うと必ず使用説明書がついてくるので熟読するようにするのがポイントです。サプリメントの効果的な飲み方として、成長ホルモンが活性化する夜の10時までに一日の使用量を飲み切っておくことです。そうすると、寝ている間にサプリの有効成分が体に巡りやすくなります。

サプリメントと一緒に取り入れたいバストアップ方法

サプリメントは安全だけど効果を得るのに時間がかかるというのがネックです。早くバストアップ効果を出したければ、お風呂上りなどの体が温まっている時にバストアップエクササイズをしたり、マッサージをしたり、ツボ押しなどをすると、より女性ホルモンが刺激されて胸が大きくなりやすくなります。

 

こちらのコラムも人気です!