おっぱい大きくするサプリのプエラリア以外の成分

絶対バストアップしたい!バストアップに効く有効成分

 

バストアップしたい人なら、必ずサプリメントに注目したことがあるはずです。おっぱい大きくするサプリの種類は多種多様で入っている成分も異なります。最近話題のプエラリアミルフィカという成分は女性ホルモンのエストロゲンを活性化させて、強いバストアップ効果が期待できる優れものです。

バストアップ効果だけではなく、髪や肌を美しくしたり、女性特有のイライラを抑制する作用がります。いわゆるホルモン剤のピルと同じような役割をしてくれるのです。ホルモン剤は高いバストアップ効果が期待できる反面、強い副作用があるのが特徴。

良質なプエラリアが使われているサプリなら、ホルモン剤同様に、めまいや立ちくらみ、倦怠感などの副作用がおこることがあります。プエラリアのサプリの服用は医師の診断が必要ないので、使用方法をよく読んで過剰摂取だけはしないようにしましょう。バストアップに効果があるとされる成分はプエラリアだけではありません。

プエラリアと同じようにエストロゲンを活性化させるイソフラボンやブラックホシュ、ザクロエキス、女性ホルモンのバランスを整えるワイルドヤムやチェストツリーなど、プエラリアの影に隠れて知名度がなかなか上がらない有効成分がたくさんあります。

意外と知らない!?プエラリア以外のバストアップ成分を徹底解明!

 

バストアップのサプリメントを利用するメリットは豊胸手術などと比べてリスクが格段に下がることです。豊胸手術は一度の手術で取り返しがつかない結果に終わることもありますが、サプリメントではせいぜい少額のお金が消える程度で体への深刻な影響はありません。

先に挙げたプエラリアのような強い効果がある成分には注意が必要ですが、たいていのサプリにはプエラリア以外の成分も多く含まれているので神経質な心配をする必要はありません。

プエラリア以外の有効成分にどんなメリットがあるか理解しておけば、無駄な心配をしなくて済みますし、他の美容効果への期待から継続する威力が沸いてきます。それではプエラリア以外にどんな有効成分があるのか有名どころから順にご紹介していきます。

女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをしてくれる「イソフラボン」

エストロゲンが活性化すると胸が大きくなりますが、大豆イソフラボンに多く含まれる植物性エストロゲンがバストアップに効果を発揮してくれます。エストロゲンが体内で増えると、乳腺が刺激されて乳腺を取り巻く皮下脂肪が増殖しやすくなり、胸が大きくなります。「ボロン」「ブラックコホシュ」「ザクロエキス」なども植物性エストロゲンが含まれます。

黄体期に摂取したい「ワイルドヤム」は乳腺発達の手助けをしてくれる

一般的にワイルドヤムの成分は女性の生理周期の黄体期に飲むと効果がでやすいと言われています。ワイルドヤムの中にあるジオスゲニンという成分が、お肌の細胞を活性化してくれる作用があるので、乳腺発達がしやすくなります。イソフラボンなどの組み合わせで、効果が発揮しやすくなります。

女性ホルモンを整えるチェストベリーで乳腺を発達しやすくする

生理周期の乱れや女性特有のイライラは女性ホルモンの乱れでおこります。女性ホルモンが乱れると乳腺が発達しなくなってしまうので、ストレスをなくして女性ホルモンを正常に戻すことが必要です。

チェストベリーは女性ホルモンを整えることで、乳腺が活性化するお手伝いをしてくれます。「マカ」「プラセンタ」という成分にもホルモンバランスを整える作用があります。

この他にも、服用することでバストアップをサポートしくれる成分がビタミンCやビタミンEです。ビタミンCはコラーゲンを生産しやすくするので、バストの膨らみを手助けしてくれます。ビタミンEは成長にダメージを与える冷えを解消して血行促進を下してくれます。

どの成分も組み合わせて飲んだり、バランスの良い食事と合わせることでバストアップしやすくなります。摂取した栄養素をバストに行きわたらせる為には、適度なエクササイズやマッサージをするのが効果的です。

こちらのコラムも人気です!