切らない豊胸手術は副作用が少ないけどお金がかかる?

光豊胸って本当に胸が大きくなるの

 

豊胸手術ってちょっと怖いですよね

自分のバストにシリコンバッグや脂肪を入れることでバストアップを図る豊胸手術。恐らく、どのバストアップ方法よりも効果があると思います。でも、効果が大きい以上それ相応の副作用も考えられますよね。実は、それぞれにはこのようなメリットとデメリットがあります。

  • シリコンバッグ

バストにシリコンバッグを入れる方法です。メリットは事前にどのくらい胸が大きくなるか分かること。そして2カップ以上のバストアップが可能であることです。シリコンバッグの大きさを調整すればいいだけなので、希望の大きさにできしかも、手術も簡単です。

ただし、手術のあとは痛みが続きます。また、手術の仕方によってはバストが固くなってしまうことやシリコンがずれてしまうこともあります。この場合は再手術が必要になります。ごく稀ですが、3年以上放っておくとシリコンがバストの中で劣化することもあるようです。

  • 脂肪注入

お腹や太ももから脂肪を吸引してバストに注入する方法です。バストに脂肪が定着したらその分大きくなります。異物を入れないため体に安全であること。脂肪を入れる穴をあければよいので傷跡が小さいことがメリットです。バレることもまずありません。術後の痛みが少ないメリットもあります

しかし、脂肪の定着率はやってみるまで分からないため希望通りの大きさにならないこともあります。また、1カップ大きくできたらいい方です。自然に大きくできる分思い切った豊胸には向いていません。

どちらも、安いところなら20万円程度高いところなら100万円を超えます。さらにメンテナンスも必要です。

光豊胸はリスクが少ないけど値段は安くない

豊胸手術でメスや注射を避けたい人には光豊胸という選択肢があります。特殊な光を照射してバストマッサージをすることでバストを大きくし、バストを支えるクーパー靭帯も強化してくれる様です。効果は様々で2カップ大きくなった人もいれば特に変わらなかったという人までいます。だいたい1カップ大きくなれば良い方なのだとか。

ただ光を当てるだけで、それに伴う副作用もないとされている光豊胸ですが、意外に値段が高くやめた後にまたバストが戻るという事例も少なくありません。

値段は効果が出ると言われる10回で15万円程度です。豊胸手術より安いですが、その分確実性に疑問符が付きますね。

サプリメントなら安価で試せてリスクも少ない

 

サプリメントは何が入っているか明確でそこまで高くない

バストアップの方法はいろいろありますが中でもおすすめがサプリメントです。サプリメントは手軽なうえ、バストアップに必要な成分が詰まっています。量も調整されているのでどのくらい有効成分を取り入れたかも確認することができます。

サプリメントの効果が出るのはまちまちで、口コミを見る限りでは1〜3か月見ると良さそうです。効果については1〜2カップ上がることが期待されます。過剰摂取による副作用はあるので適量はしっかり守りましょう。もし、サプリメントを3か月使ったとしてお金はどのくらいかかるのか。主要なものを見てみた結果

高くても3万円に収まることが分かりました。安いものなら2万円を下回ります。これなら、試してみる余裕がありそうです。おっぱい大きくするサプリは胸が大きくなるだけでなく美肌効果もあります。

サプリメントの主原料はプエラリア

おっぱい大きくするサプリにはプエラリア入りのものが多く販売されています。プエラリアはタイ原産の植物で、バストアップに効果があると言われる植物の中でも圧倒的と言えるほどに有効成分を含んでいます。中にはプエラリアにしか入っていない成分もあるためどこの会社も使いたがるのでしょう。しかし、プエラリアにも品質やランクがあります。

公式サイトで公開されている場合はしっかり確認しましょう。効果が出るために必要なプエラリアは200mg、1日に摂取できる最大は400mgです。

こちらのコラムも人気です!