実はバストも小さくする「スマホ巻き肩」をご存知ですか?

スマホを使いすぎるとその姿勢で筋肉が固まります

 

スマホをするときの姿勢、考えたことありますか?

今や国民の人口よりも台数が多く出回っていると言われるスマホですが、年配の方でも使われている姿を目にしますよね。画面が見やすく情報処理が速い、しかも機能がたくさんついたスマホは手軽で便利な道具です。

しかし、スマホが普及したことにより意外な問題が出てきています。ひょっとしたらあなたも「スマホ巻き肩」ではありませんか?スマホをいじるときの姿勢を想像してみましょう。見やすいように画面を顔の中央に持ってきて、機体が大きめなので両手で操作し、画面を見るために下を向いています。

この姿勢は、肩をすぼめ首の筋肉に負担をかけています。もし、慢性的に肩や首のコリを感じることや上を向くのがしんどいことがあるなら、スマホ巻き肩かもしれません。他には目が疲れやすい、体がだるいという症状も見られるようです。

パソコンやスマホで引き起こす巻き肩とは

そんな状態が続くと、肩が前に出てきます。この状態を巻き肩と言います。普通なら横にまっすぐになっているはずの肩が体の前に向かっているのですから、その分肩や首に負担がかかっています。

原因はパソコンやスマホの使い過ぎで。肩をすぼめ、首を下げる姿勢を持続することです。中でもスマホの使用を原因とするものをスマホ巻き肩と言います。スマホ巻き肩になると肩の位置が不自然になり、姿勢が悪く見えます。さらにはバストが縮こまり、小さくなってしまいます。

これは、筋肉が前に、下に向かっていくことが理由で、さらには血行が悪くなりバストに栄養が行きわたりづらくなります。肩が伸び、首筋も伸びるので全体的にコリを感じるでしょう。猫背を併発している場合はもっとバストが垂れ下がります。

逆に言えばスマホ巻き肩を治すだけでもバストを本来の大きさに戻すことができ、場合によっては1カップ程度の効果を発揮することもあるようです。

スマホ巻き肩を改善してバストアップをしよう

 

肩すぼみと肩伸ばし

スマホ巻き肩は肩が丸まった状態なので、改善するときは肩・首を伸ばしてあげることです。たとえば、片方の腕を水平に伸ばし、逆方向に首を曲げます。これだけでも首が伸びているのが分かりますね。このとき、首と一緒に腕を伸ばしていない方の方が上がってしまうので、そちらの手は、水平に伸ばしている方のわきをつかんでおくと良いでしょう。

これを15秒繰り返すと、肩と首の筋肉が伸びます。そして、肩のコリをほぐすために、肩を思い切り上にあげるのも効果的です。これは固まった筋肉を動かすので最初は痛みを感じるかもしれません。

このような運動はデスクワーク中やその休憩時間で十分行うことができます。スマホを控えるのも大切ですが、まずはこまめに休憩を取ることから始めましょう。ベッドに寝る時背中に手を入れて、それでも方がベッドに着くようなら巻き肩解消です。

さらに大きくしたいときはサプリメントで

ここで紹介した症状と改善法はあくまで「バストアップを邪魔させない」ためのものでした。バストの量を増やしたいときには豊胸サプリを使って、バストアップをするのが効果的です。サプリメントに含まれる豊胸成分は植物性エストロゲンと言い、これは体内で女性ホルモンと同じ働きをします。

バストの殆どは脂肪なのにどうして女性ホルモンが大事なのか?それは「バストに脂肪をつける」という指令を出してくれるからです。数ある植物の中でも世界中で注目されているのがプエラリア。

この植物は根っこに芋がなっていてそこからバストアップに良い有効成分を取ることができます。それが圧倒的にすごいことからプエラリア入りのサプリメントがこぞって販売されました。

美容に良いイソフラボンはなんと大豆の40倍入っています。効果のあるプエラリア含有量は200mg以上、副作用の心配なく飲めるのは400mg以下なのでこの範囲に収まるサプリを見つけましょう。

こちらのコラムも人気です!